平成29年度・前期「音楽科特別講座」
                                <東京会場>
                                全体講座(22日)
                         平成29年8月21日(月)・22日(火)
            会場 荒川区立ひぐらし小学校21日・品川区総合区民会館「きゅりあん」大ホール22日
                               主催 音楽教育推進協議会

・津田正之 文部科学省教科調査官

新学習指導要領・音楽の趣旨や内容を、具体的な授業レベルでわかりやすく解説します。






・丸山久代先生 港区立白金小学校主任教諭

目の前の子どもたちが、瞳を輝かせ生き生きと歌っている。そんな姿を想像するだけでワクワクした気分になります。アイデアいっぱいの歌唱の授業をみんなで作っていきましょう。



・ピアニカの魔術師
  ミッチュリー(ピアニスト)、
    TOY森松(パーカッション)  野口亮(ギター)

超絶技巧を駆使した演奏は圧巻です。さあ、ピアニカの魔術師が魅せます聴かせます。





・冨澤 裕 作曲家・指揮者

音がとれて、声が出て、合わせてみて。合唱らしくなってきて、さあ、その先どうしましょう。楽しくなるのはそれからですよね。

    ▲トップヘ          ■バツクヘ
◇本「音楽科特別講座」は、学習指導要領の趣旨に沿い、学校現場の多用なニーズを直視し、今日的課題への対応をテーマとして取り組んでいます。
今回も延566名の先生方にご参加をいただきました。先生方の熱意を感じるとともに、企画側としての責任の重さを痛感しているところです。概要をお知らせいたします。

◇全体講座
全体講座は最新の学習指導要領から日常の授業づくりが全国トップの合唱へとつながる実践。身近な鍵盤ハーモニカの演奏に魅了されるコンサート。そして富澤 裕ワールドの世界を満喫する、の内容で構成。