2013年2月18日(月)
                     〜 楽器を持って集合〜

                   11年目の管楽器講座も終盤です
                                            NO 339

◇「習志野市小中学校管楽器講座」も11年目。
・土曜日は休みに入る時期に、当時に松盛教育長から”習志野市の特色を生かした土曜日の過ごし方を・・・”という課題を投げかけられた。新妻寛先生(当時習志野高校吹奏楽顧問現東関東吹奏楽連盟理事長)を中心に現場の先生方を1年間にわたり話しあった結果誕生したのがこの講座。

・”習高サウンドの原点は、まず”人づくりから・・!!”という新妻先生の教育理念を”市内の小中学校へ・・・!!”という願いからスタート。習高生3年生が直接教えてくれる。

・定員70名に対し最大240名の希望者の年度もあった。レッスンの質的と効率。更には、中学校から高校へとつないでほしいという願いから、途中から6年生のみに絞った。

・それでも、毎年120名前後で推移している人気の講座。挨拶からはじまり、清掃そして、基礎練習を徹底する。中盤から次第に合奏・・・。

・今では、「音楽のまち 習志野」の象徴の一つになっている。

・いよいよ、3月9日(土)に閉講式。そして、翌日の日曜日は”ならしの学校音楽祭’13”のオープニングで演奏。

・現場の先生方の熱意はもちろん、行政・校長会等まち上げて見守ってくださっているこの講座。

・一年間の成果が今年も期待されているところです。

▲トップヘ     ■バックヘ