2013年2月19日(火)
                      〜広がる音楽の輪〜

                    小中高合同演奏リハーサル
                                            NO 340

◇今まではオーケストラだけの練習会はあったが、小学生合同合唱団が一緒ははじめて。音楽の輪が質共に高まってきていること。更に、小学校のメンバーが大幅に増えたこと・・・。たくさん感動した。音楽を通して心のハーモニーがドンドン広がってきていることは”音楽のまち習志野”の証だと確信した。

                      
 ▲トップヘ         ■バックヘ

◇ジジが願っていた嬉しいこと。小学校合同合唱団の誕生。”ならしの学校音楽祭’13 希”グランドフィナーレの練習会の様子。

・前教育長さんから”習志野からNHKホールのステージで歌える子ども達を・・・”という話を伺ったことがある。NHKホールはともかくとして、この言葉には深いものを感じていた。

・昔、ヴァイオリンの友達がロシアに留学した。”ヴァイオリンの勉強にいったのに、最初の1年は歌のレッスンが中心で・・・”という話しを思い出す。

・某市の中学校では、管弦楽部や吹奏楽部の部員達が合唱を編成し、素晴らしい演奏をし、Nコン上位入賞の例も幾つかある。

・当市でも、合唱と器楽の両方を活動している音楽部(小学校)もあり、中学校でも、定期演奏会等のプログラムに合唱を取り入れるところも増えてきたのはとても嬉しい。

◇今回の小学校の合同練習は、歌声を通して他校の交流ができたことは貴重な経験。
チョッと不安な表情もあったが、”こんにちわ・・・♪”と声をかけられ、表情も緩んだ・・。90名近くの即興合唱団も練習がはじまってしまえば、見事なアンサンブルが生まれた。反応もよく、積極的な雰囲気がとても楽しい。

・後半はオーケストラとの合わせ。このオーケストラも小中高の合同メンバー。オーケストラとの合同演奏は殆どのメンバーが初体験。迫力と豊かな響きに目が点になっている子や、背伸びして周囲を見渡している子・・・。



・途中、習高生と対面で歌った。さすが、綺麗な声と何よりも表情が素敵なのは小学生にとってはよい勉強になったことと思う。”習高サンウンド”の原点をかいま観た感じもした。また、小中高が一緒に音楽をつくることの素晴らしさに感動した。