2013年8月21日(水)
                     〜 皆、名演奏に感動
 
                    アルコナ岬 ーある海賊の伝説ー

                                             NO 364


◇楽しみ
・ここ数年、夏になると楽しみにしている一つが、千葉県吹奏楽コクール。千葉県吹連は全国的にも加盟団体数や、全国的な成績からみてもトップレベルにある。つまり、数が多いことは底辺が広く、演奏活動が大変活発であること。さらに、成果を見事・・・!!。

・今年も小中高と聴かせてもらった。小編成から大編成まで。どの学校も練習時間の確保や塾等・・・厳しい環境でも必死に練習してコンクールに臨む。・・・ジジとしては皆、素晴らしく甲乙付けがたい名演奏ばかり・・・!!。

◇・ジジが痴呆症のスピードを遅くするため、時々取材と称してお邪魔虫で伺う学校の一つを紹介。

     習志野市立藤崎小学校吹奏楽部
 
ともかく明るい。元気な子たち。いくら怒られてもめげない。千葉先生の音楽づくりの方向性がジジとよく似ていることもあり、遠慮なく取材させてもらっている(今年は残念ながら4月に行っただけだが・・・)。イザ本番。音色良し。メロディーの歌う方も丁寧でとても綺麗。若干ビート感が?・・・。心の中で、”いいぞ・・・!”とエールを送った。

  〜
小学校の部B部門 金賞受賞 おめでとう

◇凄い
・”おめでとう”を言いたくて予告無し乱入。”凄く立派な演奏だったよ・・・君達の感想は・・・?”と尋ねると。ビックリ・・・!!。即、数名が手を上げた。”エッ” 予想外の反応にビックリ。一人一人が"私は・・・小節目のリズムが少し甘かったです・・・”から”〜小節から〜小節までうまくできなっけど、一生懸命練習してできました・・・”さらに、”最初は良かったけど、後半になって・・・でした。”等、と”どこが・・・どうだったけど・・・どうした・・!”という具体的な発言に”凄い”。
          
           
 ▲トップヘ      ■バックヘ