2013年10月24日(木)
                   〜  秋 満喫・・・かな? 〜
                       ささやかな楽しみです

                                           NO 372

 
◇2個の台風が迫っています。土曜日の練習予定が・・・・ア〜ア〜・・・。放課後の練習も間々ならないのに・・・・!"と, ,ため息が聞こえてきそうです。月月火水木金金の時代を過ごしてジジとしては、全く同感。でも、その頃の仲間達の中には”時には、台風でもこないかな〜・・”と思っていた友もいたのかもしれないが・・・。
・7月以降からい来年1月中旬までズ〜ッと、コンクールがある。その度に、次から次へと挑戦し続ける彼等がたくさんいる。そこで、少しでもお手伝いできればとアチコチ チョコチョコお邪魔虫状態のジジ。
・最近は気力、体力にやや陰りがを感じる。子ども達の前に立つにはまずジジがいつも新鮮な気持でいなといけない。そのためにも、プリ旅は必須用件。食べたり、観たり、歩いたり・・・。出かけるのも身に付いてきた。下記はその一部です。

◇佐倉のコスモス
・ここは毎年行ってます。

・市役所に連絡をとり、"今だ よし・・!”と、偶然にもたった一日だけの好天に恵まれ日に出かけました。

・風車と淡い色彩がとてもお気に入りです。爽やかな空気に”鮭とコンブのおにぎり”のご馳走でゆったりと時を過ごす贅沢な一日でした。帰りは、近くの魚屋で鯉一匹”洗い”にしてもらい、夕食のテーブルに・・・と。これまた贅沢。




◇神谷バー
・”知る人ぞ、知る浅草神谷バー”のデンキブラン。京成電車の広告には”分明開花の味がする”と命名。

・確かにウイスキーや焼酎・・・でもない。不思議な味。ここも学生時代に知った店。シングルグラスを注文すると、必ずお冷が付いてくる。このお冷の訳は各人確かめられたし・・・。

・ジジ的には2杯で丁度いい気分。それ以上になると足がもつれ危険な状態になる。

・下町風で家族連れも多く、落ち着く店です。



◇赤レンガの町
・古河にいったときのワンシーン。塀の上にのった犬。古河はレンガでも有名。ちなみに東京駅の赤レンガは古河産。古河第一小学校の正門も赤レンガ。

・道のタイルにも様々な紋?が刻まれています。とっても落ち着いた素敵なところです。うなぎは美味しかったです。





◇今年も豊作
・我が家の柿は今年も豊作です。ただし渋柿。よって、ヘタに焼酎をつけ、黒いビニール袋にいれ暗い場所に置いておく。数日すると、とっても甘いトロトロの柿に変身。

・学校にもって行き、顧問の先生方が懸命に皮をむいてくださう。練習の終わりにご褒美でご馳走?します。

      
▲トップヘ         ■バックヘ