2014年07月16日(水)
                           
                  ・・・ 今も、猛勉強中です ・・・

                                             NO 403

 

・本土寺(松戸市)
清々しい色どりに心が洗われる想いです。毎年行きます。

・特に何かあるわけでもないのに、バタバタした日々を送っています。

・でも、子ども達と音楽を通して出会えるていることは最高です。

◇今年も挑戦しています。

・今年も熱い想いで挑戦している子ども達がたくさんいます。その一つが上の写真の仲間です。ジジのお孫ちゃんと丁度同じ年頃。御爺ちゃん的な気持ちが先行し、ついつい妥協し”ま〜いいか・・?”と、とっても甘いレッスンです。
・昔は、”鬼のジジ”と結構過激な練習。犠牲者続出状態も多々あったようでが・・・?。

・全日空に勤務するようになってから開眼した一つが、”合唱の世界”。たまたまオーケストラ一筋のジジとしては合唱の奥深さを痛感しているここ数年。あちこちの講習会等に出かけレッスンを受けたりもしているが、なかなか難しい。
・現職時代は”あの学校は特別だよ・・・”と御世辞をいわれながらも、”いや違う、子どもはどこの子もどの子も同じ・・・生かすも・・・するのも先生次第だ!!”と、言い切っていたジジとしては、結構キツイ今日この頃。。

・目の前の子ども達は、先生を信じ、仲間を信じ必死に付いてくる。その一人一人がもっている力をどうにか引き出してあげたいと常々思っているが・・・。今は、”合唱は難しい・・。”が実感。(もちろん、器楽の難しいのは百も承知)。

・小学3,4年〜6年の声をつくることは、難題続出。余りにも不勉強さが身にしみます。

・むさしのジュニア合唱団(前田美子先生指導)の柔らかい響き。特に、ユニゾンの美しさは格別。定期演奏会に行く度に????マークがいっぱい状態。詩の解釈もとっても奥深い。それよりもなによりも、一人一人の子どもしっかい見取っておられ、個へのかかわりがきめ細かい。子ども達は前田先生への全幅の信頼をもって心よ委ねている。高い専門性と指導技術。さらには、先生のこども愛・・・・。すばらしい先生!。

・イヤイヤ・・・経験と勘と感情だけで生きてきたジジとしては、”もう遅いよ・・・”という声が聞こえそうですが・・・・!。

               
 ▲トップヘ              ■バックヘ・