2014年07月19日(土)
                           
                    ・・・ 先輩の一言 ・・・

                    必死になって勉強しろ・・と
                                             NO 404

 

◇チョッと休憩
・だんだ畑の紹介をしり、房総半島に行ってきました。途中、”くまモンカカシ”(わが故郷です)を発見し、パチリ。
・”これっはさい先がよいぞ・・・”と、狭い山道をドンドン走る。下りになると右下にチョッとだけ広い谷間(といっても,たいして広くはないが・・”発見。

・山間にへばりつくように、横長いいくつもに区切られたダンダン畑を発見。そこの空間だけ一面、深緑の絨毯。曲線に絵ががれた模様に思わす”綺麗・・・!!”と。近くによると、若い実をつけた薄い黄緑の稲穂がしっかり・・・。

・”来てよかった・・・”。とっても得したいい気分です。

◇ビックリ
・いよいよ夏休みに突入。ジジも審査や指導、それに講座等となにかとバタバタな状況に入ります。例年のこととはいえ、後期高齢者にはチョッとハードな時もあります。でも、いまだ音楽にかかわらせていただいていることに”ありがたい”と感謝している。

・先日、某小学校の校長室の写真(当時は教頭の石原隆一先生)を見てビックリ。

・それは、1966年(S41)の話し。生意気だったジジは初任で務めた学校の音楽主任に魅力を感じず,校長さんに”勉強したいのですが、他の学校にいい先生は・・・”と相談にいった。すると、”谷津小学校のT先生を尋ねなさい”と直ぐに対応してくださった。それから、放課後数日、その先生のところに通うことになった。

・その谷津小学校の教頭さんから一言。”あなたがジジさんかね。もし習志野でズーッと音楽の教員を続けるのなら必死になって勉強しないと務まらないぞ・・・!”と話された。幸いに、T先生をはじめ、一中にはT先生(長妍から学習院へ)の二人の先生をはじめ、故石黒一郎先生(千葉大学教授)の3人との出会いが今日のジジにとっても大きかった。

・”授業で勝負”に徹底した指導から、研究の考え方、。特に、石黒先生との共著による教材研究実践事例の一年間連載「毎月原稿用紙18枚」(教育音楽小学版)・・・等などいろいろ鍛えていただいた。”まず、自分で考えろ。直ぐに人を頼るな・・・”。よくぞヘコタレナイデキタモノダ・・と思うこともある。

・。”鉄は熱いうちに打て!”。世代交代が急激に進んでいる。熱心に勉強されている先生方はたくさんいることをよくしっている。しかし、残念ながら、そうでない方もいらっしゃることも事実。そういう先生に言いたい。もっと勉強してほしいと”。”経験と勘と感情”で教壇に立つな・・・!と石原先生の声が聞こえてきそうな気がします。音楽科が教科として存在する意義をしっかり受け止めてほしい・・・”。未来を担う子どもたちのために。・・・イケマセンンネ・・・またまたジジの無手勝流がはじまってしまいました・・・・

            
 ▲トップヘ           ■バックヘ