2014年08月06日(木)
                           
                   ・・・ 
頑張る仲間に感動と乾杯 ・・・
                                                                                                        NO 406

 

◇千葉県吹奏楽コンクール
・59年目を迎えた本コンクール。小・中・高で621校。大学、職場、一般団体を含め合計655団体で参加し、3会場で延べ24日間開催している長期イヴェント。

・少子化、高齢化社会の中にアッテモ、スクールバンド増加し、吹奏楽愛好者が増えているのは大変喜ばしい。

・地球温暖化による異常気象の増加や、宗教政治問題によるテロ事件の増加等々、不安定要素を覗かせる社会生活の中で、音楽や文化的活動が人々の心を癒し、吹奏楽連盟が平和を希求すえう21世紀の社会の構築に参画できれば幸甚であります。

千葉県吹奏楽連盟理事長  新妻 寛                                               プログラムより抜粋  

◇熱演に感動
・只今、熱い吹コンの真最中。この頃になるといよいよ終盤。ジジも過去に5回ほど出場したことがあるが、全くレベル違う・・・というより、自分のレベルが超低かったといった方が当たっているかもしれない。

・機会があって全国コンクールを聴いた。”凄い・・・!”と言葉が出ない。素人のジジにとってはどの演奏もオール10点満点。審査する立場も困るだろうな・・・どうして差を付けるのだろうか・・・・と、今でも不思議。

・今年もワクワクしながら、県代表を決める小・中学校部門の一部を聴かせてもらって。”よ〜し 今年こそは金賞を・・・!、できれば是非、県代表を・・・!”と、すべてが狙ってくるこの部門。イヤイヤさすが熱い。熱が伝わってくる。

◇さすが シード校・・・!!
・プログラムの最後は、シード校の演奏。”凄い・・これぞ ザ吹奏楽・・!”。メロディーの歌い方が見事。も躍動感や、一見単純なメロディーラインでもとても自然で美しく歌う・・・。全曲を通したビート感をキープしつつ、且つ、メロディーラインが整っているのはホットする。例え、フォルテの全合奏でも、響きとメロディーラインはしっかり演奏されている。打楽器とのバランスもよく考えられている。もちろん、サウンドの追求には限りがありませんが・・・等々・・・言葉では言い尽くせない感性等を含め、ただただ驚きです。さすが!!(うまく表現できなくてスミマセン・・・)

・それにしても、新妻 寛理事長さんのメッセージではありませんが、音楽と通して大勢の仲間が増えていることは何よりも”音楽の力”の凄さを感じます。それとともに、子ども達の可能性を引き出されている先生方の御苦労と彼らの努力には頭が下がる思いです。

・大昔の自分に重なる想いに、感動したジジでした。  ありがとう

             
 ▲トップヘ                ■バックヘ