2014年10月03日(木)
                       ・・・ 
暇で〜す ・・・
                        
築地ブラ〜リ旅            
                                           NO411

 

◇毎日、暇です・・・
・今日も遊んでます。天高く・・・・♪の良い季節になりました。早朝散歩の好調。キンモクセイの香りを楽しみににしていたらもう散りはじめました。ひとつひとつの花弁はとってもかわいいものです。所によっては、すでにオンレンジ一色の絨毯模様のところもあります。

・毎日、メザシと納豆に豆腐・・・。これじゃますます骨皮筋衛門になりそう。そこで、清水の舞台から飛び降りた気分で、築地で”寿司”をと、超贅沢なランチに出かけました。

◇築地本願寺”エッ・・・お寺にパイプアルガン??
・築地(メトロ)下車し、目の前には立派な築地本願寺(古代インド様式)。”五感で楽しむ築地本願寺”と聞き覚えがあり検証のためお参りした。

・本堂近づくとオルガンの音が・・・???。本堂に入り振り返ると頭上の左右に大きな銀色のパイプがズラリならんでいる。ドイツ製のオリジナル設計とデザインで1970年に寄進されたものとか・・・。

・本堂の正面には大太鼓(雅楽)。背中にはパイプオルガン・・・???。偶然にもオルガンの演奏が聴けた。広い空間の中で神様の愛につつまれたような穏やかな気分に浸ることができました。

・いよいよ”寿司”。ホテルの壁にペイントされている”大鯛”。平日でも人人人で歩くのもヤット。

・通りと通りを結ぶ暗い路地に隠れた美味しい寿司屋さんがあるとか?。
確かに、表通りは呼び込みさんもいて、にぎやか。しかし、この通りは全く雰囲気が違う。うす暗く、通路も体を斜めにしながらヤットすれ違える。お店との仕切りもなくとても狭い。カウンターも数名でいっぱい状態。

・でも、明りに映し出された”鮪”の鮮やかな色は格別。もちろん、奮発しただけあってとっても美味しかったデ〜ス・・・♪。ルンルン・・・。

・勝鬨橋通り(晴海)や、朝日新聞社通りに面した出店にも、安くて美味しい穴場がたくさんあるらしい。次回は、この辺を探検することにします。

・築地レポートでした。

    
 ▲トップヘ             ■バックヘ