2014年12月31日(水)
             ・・・ 50年~100年の期待に応えた仲間たち・・・

                                            NO423

 
◇神様のプレゼント?
・世の中は何かと大変なことがありましたが・・・。今年もたくさんの子ども達や先生方から多くの感動をいただきました。なかでも、古希を過ぎたジジとしては大きな記念樹に出会いうことができた。それは、「習志野市歌」(長沢正宜作詞 冨澤 裕作曲)のこと。

・”音楽のまち習志野”にふさわしい作品ができ、そのレコーディングをした子ども達と指導されている先生との出会いはジジにとって大きな意味をもつ。

・冨澤先生から、小磯先生(大久保東小学校合唱部顧問)とジジは、市歌への思いをじっくり聞かせてもらった。その話をもとに練習の日々・・・。

・緊張の中で、レコーディングも立派にできた。出来上がったCDのジャケットを眺める子ども達の目は輝いていた。

・”この歌は今後50年~100年歌い継がれていきます・・・”と。すべてが新しいスタートへの期待を見事に達成した子ども達。そこまで育てられた先生・・・。

・このような機会は願っも叶うものではない。この一瞬に出会えた仲間たちは生涯の宝物をいただいたに違いない。そこに少しだけお手伝いできたジジとしては、習志野市で育てていただいた教師冥利につきるできごとでした。

・来年も経験と勘と感情だけで、あちこちとお邪魔虫をさせていただきます。よろしくお願いします。

よいお年をお迎えください。

                      
 ▲トップヘ         ■バックヘ