2015年1月26日(月)
                      ・・・ 凄い の一言・・・

                                            NO428

 
・画像提供:フォトライフ
◇どこまで広がる可能性の凄さ・・・!!
・今年も「第14回千葉県管弦打楽器コンペティション」ソロ部門を楽しみで出かけました。”・・なぜ、楽しみって・・・!。それは,ソロになると個人の技術、表現がグーンと発揮されるから。合奏とは全く違った顔を発見するのが驚きと共に楽しみだから。

・大昔、”経験と勘と感情”の無手勝流でのみ生きてきたジジとしては、当時もそうであったように”子ども達はいつか教師を超えていくも”と伺ったことがあるが・・・その通り!。

・j時代の変化と共に、彼らの環境も大きく変わった。勿論、個人の厳しい努力、練習の上に、さらに、様々な刺激等も加わり感動的な演奏ができるのだろうが・・・。楽器の性能の向上の・・・・。

・このコンクールは小学生から大人まで区別しないで、”音楽そのもの”で審査するのも魅力。小学生だからといって決してあなどっては大間違い。どちらかといえばメロディーよりハーモニーやリズムに活躍すると思っていた楽器。それがまったく払拭される・・・。滑らかに表情豊かにメロディーよく歌う。速い動きでも指もよく回る等々驚きの連続。年功序列には関係ない素晴らしい表現。と思えば、さすが、多彩な音色で奥深い表現を感じさせ名演奏等々・・・。感動です。

・ジジが故石黒一郎先生に”君は子ども達の音楽性を潰している・・・”と、叱られたことを思い出す。子ども達に内在している無限の可能性を知るためにも先生方。是非一度足を運んで、この会場の空気を吸われると何か感じるものがきっとあると思う。

                 
 ▲トップヘ            ■バックヘ