2015年7月19日(土)
                ・・・ 14年目の管楽器講座 ・・・

                       広がる学び
                                          NO443

 
◇”音楽のまち 習志野”の象徴
・14年間・延べ人数2098名を送り出したこの講座。この講座卒業生が、教える立場を超え、習志野市立学校で教壇に立っている先生も何人もいる。凄いことだと思う。
・現役の習高生が”ならしのキラット”の演奏を始めると、サンバのリズムにのって踊る先生(勿論、習高卒業生)。
・年間70近いコンサートや地域行事への積極的な参加は習志野市民の誇り。それにしてもこれだけの数をこなしながらも、全国トップレベルをキープしていく習高生は本当に凄い。
◇基礎練習
・全体合奏の前には、Basic Training・ブレス。更には、息の流れを意識した発声練習・・・・。様々な練習メニューを取り入れながらレッスンが進められます。
◇合奏
・習高生だけの演奏を聴く。次に一緒に・・・・。ときには、自分のパートを歌う・・・・などときめ細かく丁寧に教えてくれます。先輩からの適切なアドヴァイスもとてもうれしいです。
・習高サウンドに包まれたレッスンは確実に変化していきます。時折”受講生だけで演奏してみて・・・”と言われ演奏するとビックリするぐらい上達している。
・真剣な顔からも、確実に学びが広がっています。”ハイ!!”という返事は、まだまだですが・・・。

                  
 ▲トップヘ           ■バックヘ