2015年08月12日(水)
                           
                     ・・・ あれから30年 ・・・

                     恩師の一言・苦渋の選択
                                           NO 445

 
◇あれから丁度30年
・「御巣鷹の尾根」に日航ジャンボ機墜落。これが判明したのは飯綱山に到着した後の話し。
・私たちは、「音楽の森」アルカディア”に隣接し白樺の木に囲まれた大音楽堂で合宿。・この音楽堂で寝食を共にする生活がはじまる。
・高原の空気を吸いながら、熱い練習が続いた。
・布団に横たわり三角窓から見える満天の星空の綺麗さは今でも忘れない。
◇苦渋の選択  人生いろいろ ・ジジもいろいろ・・・!
・恩師、Y先生から”将来の設計?・・・”と尋ねられた頃は、正直目の前のことを我武者羅にガンガンやることしか考えられなかった。その頃、校長より”管理職の道を考えては・・・”との話があった。勿論直ぐにお断りをした。全く考えたこともでもないし、そもそもそのような器でもないし・・・。
・ある時Y先生にその話をした。先生曰く”薦めてもらえることはありがたいこと。それに、ジジ君が現場一筋でがんばるのもよし・・・でも、管理職の道だからできる広い音楽教育もあるかもしれないし・・・折角のお話だから一度挑戦してみるのもいいかもしれない・・・”と。
・職場のM教頭さんにも相談。やはりY先生と同じ答えがかえってきた。
・全く予想だにしなかったこと。今までの自分の生き方を大きく変更することになるのだから・・・。音楽からも少し遠ざかることにもなるし・・・これって結構辛いものがある・・・。どうしたものか結構悩む。その結果、苦渋の選択として”・・・1年間だけ勉強してみよう!”という結論に至ったのであるが・・・・。
・果たしてこの選択が将来の設計にどう繋がるか全く先行き不透明な世界に飛び込むことになる・・・どうなることやら???。30年前頃の話しです。

                 
 ▲トップヘ             ■バックヘ