2016年4月29日(金)
                      ・・・ 
ご苦労さまです ・・・  
                                             NO 481

 .
◇東京ドイツ村
・”今が見ごろです・・”の紹介で、早速行ってきました。
◇イヤイヤ苦労しています・・・・!?
・何せ、”・・・ここまでできるようにやっとけ・・いいな・・・ちゃんと教えておけよ・・・!!”で過ごしてきた現役時代。指揮者は”どんな楽器でも演奏できそう~・・・”と、とかく思われがち・・・。そんなこと全くありえないジジ。経験と勘に感情だけで我武者羅にやってきただけ。
・連休で暇なジジは久々に某小学校に遊びにいきました。音楽室から聴こえる音は気分がいいもの。”曲は何やっての・・・”と尋ねる。過去に演奏したこともある曲でもあり、いつもの調子でお邪魔虫が頭をもたげてきたジジ。”・・・よ~し・・・はじめるよ・・・!”と。
・ベーシックトレーニングの1番から練習に入る。比較的ピッチも安定しており、ま~あま~あの出来。”それでは曲の練習に入るよ・・・”と指揮棒を振り下ろす??。
・。”3 4・・・”と振り下ろす。ところが、吹けている子とそうでない子がゴチャマゼ状態。一人一人をチェックしてするとレベルの差が大きいのに驚く。どうしよう・・・・!!。
・普段はある程度曲ができていて曲想を中心に指導し、音程が気になるところを指摘する・・・といって調子のジジにとっては頭の痛いところ。気合だけではどうにもなりません・・・。イロハから教えなくてはならない。
・そんな時、顧問の先生が、移調できるオルガンで簡単に音をとってサポートしてもらえ”ホッ”とする始末。なさけないジジ。
・年度初めはとても厳しい状態でも、数ケ月で演奏ができるようにしてしう先生方の指導力にはビックリ。大変なご苦労をされている先生方には頭が上がらない。
・元気な挨拶や外靴が整然と並んでいるかわいい子ども達に、微力だが老骨に気合を入れて頑張ってみようと思うジジでした。

                
 ▲トップヘ            ■バックヘ