2016年11月11日(金)
                       
43年ぶりの習一会
                                             NO 500
前列左より 徳原、丸山、浅野、後列左より日光、藤田、ジジ
◇40数年前の仲間の恒例会。”・・・あの人今どうしている・・・・?昔は無茶苦茶だったよな~・・・。と、昔話しがいつものコース。今思えば、確かに退職届を何枚書いたかわからないようなことが続々。

・その一つが当時あった宿直(当番で学校に泊まり見張番をすること。)はいつも話題になる。この泊まりは全職員による輪番制になっているが、先輩に”…頼むよ・・・!”と言われて、若手が泊まるのが多かった。

・この季節になると決まって始まるのが、ダルマストーブを囲んで、スルメを焼きながら茶碗酒で一杯がいつものパターン。時には先輩からの差し入れもあり一緒に盃を交わすこともあった。

・仲間や先輩達と飲み交わしながらの会話は普段なかなか聞けない内容もあり、結構いい勉強になったことが懐かしいと共通の話題で盛り上がる。

・この他にも、ここには書けないこともたくさんあるが・・・・

・別れは、決まって”・・・お互い体を大事にしてな・・・来年もまた会おうよ~”といって、大阪まで帰っていった仲間もいた。

            
 ▲トップヘ                  ■バックヘ