2018年3月08日(
                           
                 
・・・第16期 管学校講座修了式・・・
                   
                                              NO 5
52
◇2688名の仲間入りです
・管楽器講座の開設準備に2年。学校五日制完全実施にスタートして16年目。今年の受講生は214名。スタート当時は5年生6年生を対象に実施していたが、希望者が多すぎて講座の質と効率性を考慮し途中で6年生だけに絞った。しかしながら人数が減るどころか逆に増加の傾向になった。今年は214名。延人数は2688名がこの講座から巣立っていったことになる。素晴らしいことは、受講生だった立場から中学校でも吹奏楽部で活躍し習高に入学。習高3年生になり今度は教える立場。習高を卒業し大学に進み、習志野の小中学校の教員として教壇に立っている先生が10数名いる。そして今では受講生を引率してこの講座を見守る・・・。これって物凄く素晴らしいことだと思う。音楽のまち習志野の象徴の一つとだろう。
・最後の練習
5月からスタートしたこの講座。はじめは身近に聴く習高サウンドにビックリ。習高生だけの音階演奏にゾッとした記憶が忘れられません。お姉さん達の的確なアドバイスに感動でした。いよいよまとめの合同練習。最後のアドバイスです。
・閉講式前の会場
・はじまりは会場いっぱいに習志野市歌を爽やかな歌声で響かせました。修了証書授与の後、諏訪副市長、田中市議会議長、植松教育長、赤松習高校長の皆様方からお祝いのメッセイージをいただきました。
◇式典
この講座の基本は「楽と礼」です。ある来賓の方の会話です。”卒業式見ないじゃないか・・・” 
・お披露目の演奏
・一年間の成果を発表しました。



▲トップヘ     ■」バックヘ