2014年02月05日(水)
                    蛍の光に送られた昔・・・・
                  
 門司港・錦帯端安芸の宮島
                                           NO 386

 

◇関門橋
・下関市(山口県)と北九州市(福岡県)を結ぶ橋(1973年開通)。橋長1068m・・・。海峡の幅が狭く、潮の流れも激しく、船舶航路の難所の一つ。
・高校から大学時代はまだまだ蒸気機関車が主流。東京に向かう時は、この下だけは電気機関車だった。
・九州から本州に渡る時は門司で。逆の場合は下関のそれぞれの駅で「蛍の光が」が流されていた・・・。”時代でしょう・・・・”
・門司港のレトロ地区自由散策タイム・・・。当然、桟橋近くのビヤホール発見し、直行。


◇錦帯橋
・念願がやっとかなった。木造5連のアーチ橋。”ナ〜ルホド・・・これが・・・!”と川原で橋と山の頂上に見える岩国城をじっくり見入った。
・入橋料(300円)で向こう岸に渡り、散策。白蛇観覧施設に入ったが、早々に退散。何故か、佐々木小次郎のブロンズ像を発見したが、フ〜ン・・・。(失礼)

・釘を一本を使ってない・・という話を聞くが、実は・・・”なるほど・・・!”納得。


◇宮島
・ここは、数回来ている所。ガイドさんの説明も大体OK。よって、団体と程よい距離で自由散策。

・鹿に気をつかいながら歩く人々・・。さすが神様のお使いだけあるは・・・。

・ラッキー。人力車に乗って記念写真撮影中のカップル。すかさず・・・ズ〜ム パチリ。

・大鳥居の土台は石の上に置いてあるだけ・・・。厳島神社が海の上(満潮時)に建立され、そこには自然の風水害から守るための智恵がいっぱいあること・・・この2つはいつも”・・・スゴイ・・・!!”と。

関連ページ    @   A

▲トップヘ      ■バックヘ