2017年9月30日(土)
                          
音楽のまち 習志野
          第16期(平成29年度) 習志野市小学校管楽器講座
                          ~広がる 響き~
                    レッスン風景

                                                        NO 532
◇パート練習
・5月に214名の受講生を迎えたこの講座。12月17日(日)習志野文化ホールで開催される”ならしの学校音楽祭”出演にむけ集中力の高いレッスンが続いています。
・はじめは相棒のメトロノームでテンポをキープしながらの練習。ブレスコントロールも難しいです。もちろん、ピッチを合わせるのはとっても大変です。でも、習高生と一緒に演奏すると不思議に揃っているように聴こえます・・・。
・ベーシックトレーニングからはじめます。これには結構時間をかけます。はじめは習高生のみ。次に、全員。そして、受講生のみ・・。
このパターンを繰り返し練習します。
・”習高生の音をよく聴いて・・・””。また、受講生だけの演奏後は”習高生気が付いたことがあったらアドバイスを・・・”などが指摘されます。
・濁った音から、次第に透明なサウンドに変化していきます。
・それにしても習高生は凄いです・・・!!

  
▲トップヘ         ■バックヘ
◇全体合奏