2014年01月10日(金)
       
                        ”頑張りました”
             「TBS子ども音楽コンクール東日本優秀演奏発表会」
                             

                                           NO 383

 

       ◇千葉県習志野市立大久保東小学校合唱部
校長:早山美生 顧問:小磯宣枝 深松理花子 堀田さくら 橋本瑞生

         演奏曲名:夏がきた  
    工藤直子作詞 鹿谷美緒子作曲
    指揮:小磯宣枝 ピアノ:深松理花子

◇パウゼ
・”休憩”の一言。顔がほころびます。追いつめられたときの表情とは一変・・・。”腕相撲も始まります(女の子も結構強いですよ”)

・”コロッケ”の差し入れは、うれしかった。60個のコロッケを近くのスーパーに買出しにいっていただいた堀田・橋本両先生に感謝です。でも、お店の人も”エッ 60個・・・”????だとか

・昨年の9月に”信じられません・・・!!”の一本の電話で始まった今回の貴重な体験。子ども達を」中心に小磯先生をはじめ、顧問の先生方、学校全体で”頑張れ”の声援をいただいた。もちろん、保護者の方々の理解と応援はとっても力強かった。
・それにしても、一番頑張ったのは、子ども達・・・!!。どうなることかと不安でスタートした5月頃(毎年のことだが・・・・)。TBSコンの録音取りから、Nコン予選。そして本選。それから・・・東日本!!。
・その都度ステップアップしていく子ども達。それと同時に顧問の先生方の求められることも厳しくなる。子どもも先生も厚い壁にブチ当たり行き詰ることの連続。
・メンバー選出についても共に、苦しいもの。・これらのすべてが、ジジの時代と同調し共感しているところです。
・でも、”彼等って凄い・・・ここまで成長できるものですね”と。この10ヶ月足らずの成長は見事。彼等なりの度々の逆境にも戦い続けた結果でもあると思う。

・でも、見事に力を出しきった。”思いっきり歌えたよ・・・”と満足した顔顔顔。。応援にきてくださったたくさんの先生方と一緒に記念写真を撮りました。

◇”感謝”
”一連の貴重な体験を通して、合唱の奥深さをはじめ、多くのことを学びました。私自身の勉強不足を再度痛感しました。でも、歌大好きで集まってきている子ども達を考えると、もっともっと勉強しなくては思います。それにしても、応援してくださってい方々がたくさんいることはとてもうれしいです・・・”と、小磯先生。

○関連ページ    
 @   A   B

                 
 ▲トップヘ          ■バックヘ
  

◇笑顔いっぱい
・コンクール当日。軒並み名門校ばかり。とても緊張しました。客席からもその雰囲気は伝わってきました・・・。

・歌い始めると一変。明るく楽しい雰囲気が生き生きと表現され、子ども達の良さがグングン引き出された素晴らしい演奏。

”伝える”をテーマに一歩成長した笑顔いっぱいの素晴らしい仲間達でした。

◇”伝えること”
・いつも合唱指導の難しさに悩まされて日々。”楽曲の思いを伝える演奏に心がける・・・”を目標。”イメージを表現に・・・”という願いのために結構厳しい練習のした。子ども達も必死で頑張った。